“絹衣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すずし66.7%
きもの33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“絹衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
銀色ぎんいろ絹衣すずしひるがへる。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
白銀しろがね絹衣すずしゆるがせ、
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
名ばかりながら今は生きながえらえている哀れなこの五体は、柏のひつぎの底に、経帳子きょうかたびらにしようと自分が選んでおいたあの絹衣きものにつつまれた白骨をとどめるのみで、あわれ果敢はかなく朽ちはてているであろう。
初雪 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)