“絨鍛”の読み方と例文
読み方割合
じゅうたん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、四辺一面の血の海は、次々と発見された事件の衝動に麻痺された一同の心に、只燃えつつある絨鍛の如くに映った。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)