“紫根七糸”の読み方と例文
読み方割合
しこんしちん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒縮緬の羽織に夢想裏光琳風の春の野を色入に染めて、納戸縞の御召の下に濃小豆更紗縮緬紫根七糸楽器尽の昼夜帯して、半襟は色糸のある肉色なるが、の白きをはすやうにて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)