“素天辺”の読み方と例文
読み方割合
すてっぺん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真蒼に光る、と見る、とこの小舟は揺上って、松の梢に、ゆらりと乗るや、尾張を越して富士山が向うに見えて、六蔵素天辺に仰天した。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「兄貴め、僕の山登りの下手なのを知っていて、態〻こんな素天辺の宿屋へ指して寄越しやがった。以後脚の弱いものに必ずこゝを推薦してやることだね」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「寺子屋時代のことで、鎮守の森の大榎の素天辺から釣下ったところでございました」
ガラマサどん (新字新仮名) / 佐々木邦(著)