“紀元”の読み方と例文
読み方割合
きげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中川紀元氏の今年の裸体は去年のほどおぞましく恐ろしくはない。わざとらしさが少しけ抜けたせいか、それとも此方の眼が少し教育されて来たせいかもしれない。
二科会その他 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
かくして西暦紀元千七百五十五年のリスボン地震記事がよく了解せられる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
中川紀元氏の裸体画を見ていると、何だかある甲虫を聯想するが、何だという事が、はっきり思い出せない。この聯想はあるいは主としてあの女の右の足から来るのかもしれない。
二科会展覧会雑感 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)