“糅雑”の読み方と例文
読み方割合
じうざつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此混淆糅雑は固より歴代の学者が意識して敢て為したのでは無い。故に右の諸書には初め朱墨の文が分つてあり、後尚白墨の文が分つてあつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
幕府と阿部家とに献ずるものは、薬袋に題する屠字の右肩に朱点を施して糅雑することからしめた。調合れば、柏軒が門人等を神田大横町の蕎麦店今宮へて往き、蕎麦を振舞つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)