“籬雀”の読み方と例文
読み方割合
かきすゞめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りかけた陽とその圓い形を横ぎつて行く舟、一かたまりになつた菖蒲とそこから出てゐる蓮の花の冠をつけた水の女神の頭、山櫨の花環の下の籬雀の巣の中に坐つてゐる妖精など