“籠耳”の読み方と例文
読み方割合
かごみゝ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで問ふ者は籠耳になつて仕舞つて、教へは聞いたには違ひ無いが何らの益をも得ずに終るといふ事も少く無い。それは聞く人にも聞かせる人にも、不本意千萬なるに相違無い。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)