“篠塚”の読み方と例文
読み方割合
しのづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「小川町の御旗本、千二百石取の篠塚金之助樣のお屋敷に入り、五百兩の金を取つて大玄關を開けて逃げ出しましたよ」
第六天……篠塚いなりの地下、非常の場合に捕り手をまく穴に、お藤はさきごろからひとりもっているのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
篠塚、その砂糖をお客様に出して上げろ。」
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)