“篠塚力寿”の読み方と例文
読み方割合
しのづかりきじゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京都祇園の生れ、篠塚力寿(本名、後藤りき)が、父に伴われ名古屋に来たのは天保十四年の頃、彼女十七歳の時、これが篠塚流を以て名古屋の花柳界舞踊を風靡した一人。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)