“築城論試合”の読み方と例文
読み方割合
ちくじょうろんじあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
工匠か、地水縄取りの専門家とかがまじっているが、上部八風斎かけ卜斎にしても、この人々と築城論試合をして勝抜きにいいやぶることは、なかなか楽とは思われない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)