“管長”の読み方と例文
読み方割合
かんちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十二、三歳の頃、ぜひ坊さんになりたいと言って、私の村から一里ばかり離れた隣村の慧林寺の小僧となり、当時臨済宗管長をしていた坊さんの弟子になって