“算法闕疑抄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんぼうけつぎしょう50.0%
さんぽうけつぎしょう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西国事物紀原 再生記聞 瑣語 三界一心記〔三賢一致書〕 三元八卦九星方位占独判断 三国仏教略史 三国仏法伝通縁起 三才図会 三災録 三代実録 山堂肆考 算法闕疑抄 三余清事
妖怪学講義:02 緒言 (新字新仮名) / 井上円了(著)
それからくこれを研究する学者が我が国にも出て来たので、万治、寛文年間に世に出た磯村吉徳算法闕疑抄とか、佐藤正興算法根源記とか、澤口一之古今算法記とかは
関孝和 (新字新仮名) / 石原純(著)