“箕踞”の読み方と例文
読み方割合
ききよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知らず長松の下に箕踞して白眼世人を見る底の人物を養成する張本人は誰ぞや、吾人独り女学雑誌社中を攻めんや、彼れが代表する一派の傾向に針砭する所あらんと欲するのみ。