神気朦朧しんきもうろう)” の例文
ってたかってなぐりつける、息杖足蹴の下に、いつか神気朦朧として空も見えなくなってしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
い出し盛りの息子一郎を遊ばし兼ねて、神気朦朧とした中に、謡うように言った。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)