“神伝”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんでん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神伝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
通力つうりきのある神伝しんでん魔独楽まごま
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
神伝しんでん火独楽ひごまがいかにおそるべき魔力まりょくをもっているかということは、だれよりも同じ水独楽みずごま持主もちぬし蛾次郎はよく知っているので、あいつを、頭のはちへたたきつけられてたまるものじゃない——と思わずひるんだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)