“神伝流游書”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しんでんりゅうゆうしょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神伝流游書”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
神伝流游書しんでんりゅうゆうしょ」という水泳の伝書を読んでいたら、櫓業やぐらわざ岩飛いわとび中返ちゅうがえりなどに関する条項の中に「兼ねて飛びに自在を得る時は水ぎわまでの間にて充分敵を仕留めらるるものなり」とか
空想日録 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)