“白蓮教:びゃくれんきょう” の例文
“白蓮教:びゃくれんきょう”を含む作品の著者(上位)作品数
岡本綺堂1
蒲 松齢1
“白蓮教:びゃくれんきょう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは不思議な術であったから、私は今にそれを覚えているが、後に聞くと白蓮教びゃくれんきょうの者はこの術をするということであったが、ついすると彼の男は、その苗裔びょうえいかも解らない。
偸桃 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
飛んでもないことを仰しゃるな。み仏は遠い西の空にござる。なんでこんな田舎の破寺やれでら示現じげんなされましょうぞ。おかみではただいま白蓮教びゃくれんきょうをきびしく禁じていられます。