“白翁堂勇斎:はくおうどうゆうさい” の例文
“白翁堂勇斎:はくおうどうゆうさい”を含む作品の著者(上位)作品数
田中貢太郎2
“白翁堂勇斎:はくおうどうゆうさい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは新三郎も望むところであったが、ただ孫店に住む白翁堂勇斎はくおうどうゆうさいと云う人相観にんそうみが、何かにつけて新三郎の面倒を見ているので、それに知れないようにしなくてはならぬ。
円朝の牡丹灯籠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この物語では、萩原の裏店うらだなに住む伴蔵ともぞうと云う者がのぞいて、白翁堂勇斎はくおうどうゆうさいに知らし、勇斎の注意で萩原は女の住んでいると云う谷中やなか三崎町みさきちょうへ女の家を探しに往って
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)