“白痴児:はくちじ” の例文
“白痴児:はくちじ”を含む作品の著者(上位)作品数
北原白秋1
島崎藤村1
“白痴児:はくちじ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
剃刀かみそり持てる白痴児はくちじ匍匐はらばひながら、
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
お房が病んだ熱は、腸から来たもので無くて、実際は脳膜炎の為であった。それをお雪は女教師に話し聞かせた。白痴児はくちじとして生き残るよりは、あるいはこの方がましかも知れない、と人々は言合った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
PR