痙攣風けいれんふう)” の例文
左様いふ時には、内儀さんはりで痙攣風身体を震はせて居た。
死の床 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)