“無駄食”の読み方と例文
読み方割合
むだぐ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにあめ・菓子・餅類の店売りなるものは、単なる浪費・無駄食むだぐいという以上に、右の節日の共同飲食の快楽と厳粛味げんしゅくみとを半減し、コキンテ・コバシャゲの祝日いわいびが来ても、それをただごろごろと遊んでいるだけにしてしまった土地も多いのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)