“無性髭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶしょうひげ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無性髭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わざと無性髭ぶしょうひげをぼうぼうさせ、おまけに頭から顔の半分を繃帯でつゝんで、杖に縋つて呻きながら出かけて行つたさうである。
女体 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
A刑事はゴマ塩の無性髭ぶしょうひげを撫でながらニッコリと笑った。
冗談に殺す (新字新仮名) / 夢野久作(著)