“湧々:わくわく” の例文
“湧々:わくわく”を含む作品の著者(上位)作品数
近松秋江1
“湧々:わくわく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、忽ちそう感じて湧々わくわくする胸を撫でるように堪えながら、向の顔を凝乎と見ると、長田は、その浅黒い、意地の悪い顔を此方に向けて、じろ/\と視ている。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)