“わくわく”の漢字の書き方と例文
語句割合
湧々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、忽ちそう感じて湧々わくわくする胸を撫でるように堪えながら、向の顔を凝乎と見ると、長田は、その浅黒い、意地の悪い顔を此方に向けて、じろ/\と視ている。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)