“求道弘法”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぐどうぐほう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“求道弘法”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
仏道仏心弥陀みだの極意はこのひとまくらのうちにありといわぬばかりで名人は、求道弘法ぐどうぐほうの経巻をつむりの下にしながら、おりから聞こゆるお山の鐘を夢の国への道案内に、すやすやと心よいいびきをたてはじめました。