“栄西禅師”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えいさいぜんじ66.7%
ようさいぜんじ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
栄西禅師さまもさぞおよろこびでしょう。」喜海はそういって上人を仰ぎみる。
臨済栄西禅師も。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
栄西禅師の喫茶養生記の一節を思ひ出す。「茶を飲んで一夜眠らぬも、明日身不苦」と。
上田秋成の晩年 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)