“来酒:きさけ” の例文
“来酒:きさけ”を含む作品の著者(上位)作品数
久生十蘭1
“来酒:きさけ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「くどく念をおす必要はない。たしかに、わしが引きうけた。……おい、姐や、丸煮を二人前に、鬼菱を一升持って来まっせ、急ぎだ急ぎだ、焦がれ死にをしそうなのが、ここに二人いる。迅速じんそくに持って来酒きさけまッせ」
PR