“木村大尉”の読み方と例文
読み方割合
きむらたいい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし弔辞の処女作には多少の興味を持っていたから、「悠々たるかな、白雲」などと唐宋八家文じみた文章をした。その次のは不慮溺死を遂げた木村大尉のために書いたものだった。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)