“旭日旗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょくじつき50.0%
きよくじつき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“旭日旗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
青白く光った、豊満な菱形の体躯たいくに、旭日旗きょくじつきの線条の様に、太く横ざまに、二刷子ふたはけ、鮮かな黒褐色の縞目、それが電燈に映って、殆ど金色に輝いているのです。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
二つとも箱の裏側に旭日旗きよくじつきを描いた三笠である。
あばばばば (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)