“日貴弾左衛門珍政”の読み方と例文
読み方割合
へきだんざえもんちんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
対岸の小法師岳を築いていた淵上武士の頭領西東蔵人尚海が、かねてより人質酬いがで反目しあっていた、日貴弾左衛門珍政のために攻め滅ぼされ、そのとき家中の老若婦女子をはじめに
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)