“日蓮聖人辻説法”の読み方と例文
読み方割合
にちれんしょうにんつじせっぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのあいだにおいて別種の注意をひいたのは、かの東京座の三月興行に坪内逍遥博士の「桐一葉」を上演した事と、歌舞伎座の四月興行に森鴎外博士の「日蓮聖人辻説法
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)