“日蓮上人辻説法”の読み方と例文
読み方割合
にちれんしょうにんつじぜっぽう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、そのやうにして南蛮寺門前を辞した私が、無量の感慨に耽りつつ坂道を下り、橋を渡り、道を左へ取つても散歩をつづけて行くと、やがて日蓮上人辻説法に差し掛つた。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)