“日根野兄弟”の読み方と例文
読み方割合
ひねのきょうだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日根野兄弟長谷川秀一は、中軍につけ。しっぱらい(殿軍のこと)は、細川忠興蒲生氏郷のふたりがせよ」
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)