“日暹寺”の読み方と例文
読み方割合
にちせんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は十年ほど前に同じ道を通って覚王山日暹寺を訪ねたことがありますが、その頃は道の両側は一面の青田でして、諸所の農園めいたものがありましたが、今は立派な市街地となって
墓地の殺人 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)