“日傭賃”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひようちん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日傭賃”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
予め心積りをしていた払いの外に紺屋や、樋直し、按摩賃、市公いちこう日傭賃ひようちんなどが、だいぶいった。
窃む女 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
しかし醤油賭のまきぞえを食って、七日分の日傭賃ひようちんも親方から借出されてしまってある。当座の小遣こづかいだけでも持たずには、まさか、この裸一貫で、何処へ行って何をしようもない。
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)