“撒兵隊”の読み方と例文
読み方割合
さんぺいたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
撒兵隊、伝習隊、会津兵、旗本、新撰組、それからの寄せ集りで、宗家の為よりも、自分の為であった。入隊しないと、うして暮して行けるか見当のつかない人が、沢山に加わっていた。
近藤勇と科学 (新字新仮名) / 直木三十五(著)