“摘花茶碗”の読み方と例文
読み方割合
つみばなちゃわん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実枝もナムアミダブに対抗して位牌に向って腰をかがめ、大きな声で訴えた。そしてクニ子をせりのけるようにして、位牌の摘花茶碗を取上げ、茶色っぽく汚れている水垢を指先でごしごしこすった。
(新字新仮名) / 壺井栄(著)