“搾牀”の読み方と例文
読み方割合
さくしやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或は立ち、或は坐し、或は臥す。而して皆裸にして寸縷無し。堂上に一官坐す。其前に一大搾牀を設く。健夫数輩、大鉄叉を執り、任意に男婦をつて槽内に叉置し、大石を用つて之を圧搾す。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)