“搾乳婦”の読み方と例文
読み方割合
さくにゅうふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高まる心臓鼓動をおさえつけながら、ジェンナーはついに、搾乳婦から取ってきたうみを、ジェームス少年にうえたのであります。
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
このことがあってから、ジェンナーは、たびたびその地方の搾乳婦にあって、いよいよ先日の女患者の言葉が真実であることをたしかめました。
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
ちょうどそのとき、サラ・ネルムスという搾乳婦が、牛痘感染しておりましたので、その女のうみをジェームス少年にうえることにしました。
ジェンナー伝 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)