“携持”の読み方と例文
読み方割合
たずさえも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
○我国にては扇は昔より男子の携持ちたるものなれど、人の面前にてに涼を取るものにはあらず、形容をつくらんがため手に持つのみにて開閉すべきものにはあらざるべし。
洋服論 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)