“搭乗将校”の読み方と例文
読み方割合
とうじょうしょうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
射墜された敵機の周囲には、激しいに燃えあがった市民が蝟集して、プロペラを折り、機翼を裂き、それにもらず、機の下敷になっている搭乗将校の死体を引張りだすと、ワッといて
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)