“握掌大”の読み方と例文
読み方割合
にぎりこぶしほど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西北の空が真暗になって、甲州の空の根方のみ黄朱った様になる時は、屹度何か出て来る。に明治四十一年の春の暮、成人握掌大の素晴しい雹が降った時もだった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)