“掩散”の読み方と例文
読み方割合
えんさん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第一には、時のパースペクティヴとでもいうのか、近いほうの事がらの印象が遠い以前のそれを掩散したがる傾向がある。
田丸先生の追憶 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)