“接洽”の読み方と例文
読み方割合
ひきあい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先日趙家の犬めが幾度も乃公を見たが、さてこそ彼も一味徒党で、もう接洽もすんでいるのだろう。あの親爺がいくら地面を眺めたって、乃公を胡魔化すことが出来るもんか。
狂人日記 (新字新仮名) / 魯迅(著)