“採否”の読み方と例文
読み方割合
さいひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなことを心配するから、人は何も出來ないのだ。新主義を主張するだけ、僕は大膽に古人の説をも採否するつもりだ。」
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)