“掃除町”の読み方と例文
読み方割合
そうじまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
数日経ったある日の早朝、小石川掃除町の小松原屋敷から、二人の武士が旅立った。ほかならぬ平左衛門と舞二郎、歩けるだけは歩いて行こう。山道へかかったら駕籠へ乗ろう。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
内にはたれがいるのだろう? 牛込を過ぎ小石川に入り、掃除町まで来た時である。駕籠がとまってタレがあがり、ヨロヨロと出たのは一人の娘、それはほかならぬお京であった。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)