“捻鉢巻”の読み方と例文
旧字:捻鉢卷
読み方割合
ねじはちまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼠地納所着に幅細の白くけ帯を前結びにして、それで尻からげという扮装。坊主頭に捻鉢巻をしているさえ奇抜を通越した大俗さ。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)