“捨身不退”の読み方と例文
読み方割合
しゃしんふたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きょうこの時の彼の戦法は、あだかも永禄の頃、越後の上杉謙信が、敵信玄の陣域深くへ基地を取って、一鞭妻女山から川中島の敵幕中へ突入した——あの捨身不退の構えにも似ている。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)