“挟虫”の読み方と例文
読み方割合
はさみむし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
最後に挟虫が尻をげたように、双鈎の尖りを対峙させた峰から始めて偃松の蒼黒い緑が溶けて滴って、更に凝って鮮かな緑を敷き延べた美しい若草の斜面に続く、深山毛莨、大桜草
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)